手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法

奥二重の赤ちゃん!?


自分の赤ちゃんのまぶたが一重になるか二重になるかを気にしていらっしゃるお母さんが割と多いようです。まぶたが一重になるか二重になるかは遺伝によるところが大きいですが、成長に伴って途中で変わったりもします。

遺伝の話をします。

まぶたは二重が優性遺伝します。一重が劣性です。

遺伝の話は中学校の生物でならった記憶があるかと思いますが、もちろん一重まぶたが劣っているという意味ではありません。わかりやすく説明すると、血液型でA型(AA)とO型(OO)の両親の子供はA型(AO)になりますよね。ここではAが優性でOが劣性です。これと同じです。中間というのがなくてどちらか一方の性質が表にでやすいのです。表にでやすい方が優性になります。

二重の遺伝子をA、一重の遺伝子をaとすると、組み合わせはAA、Aa、aaのいずれかになります。優性が二重(A)なのでAAとAaは二重、aaは一重になります。

両親のまぶたのそれぞれのケースに分けて確率をだすとこのようになります。

1.両親とも二重
 ・AA×AAの場合はAAが100%(二重100%)
 ・AA×Aaの場合はAAとAaが50%ずつ(二重100%)
 ・Aa×Aaの場合はAAとaaが25%ずつ。Aaが50%(二重75%、一重25%)

2.二重と一重
 ・AA×aaの場合はAaが100%(二重100%)
 ・Aa×aaの場合はAaとaaが50%ずつ(二重50%、一重50%)

3.両親とも一重
 ・aa×aaでaaが100%(一重100%)

両親とも二重であれば75%以上の確率で二重になりますが、一重にもなります。
両親とも一重であれば必ず一重になります。

と、単純に割り出すとこのようになるのですが、実際のところ両親とも一重でも二重の子供だったりすることもありますし、特に赤ちゃんの頃はまぶたにも脂肪が多いので両親とも二重なのに一重や奥二重だったりすることも多く、数年たったら二重になったと言う話もよくあります。
また、まぶたの皮膚は薄いので一重から二重にクセがついたりもします。二重だったのに体重が増えすぎて一重になったとか、年をとったらまぶたが下がって一重になったとか、まぶたは変化しやすい部分と言えますね。



posted by pompom at 13:09 | まぶた、目元の悩みあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。