手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法

一重のマスカラ


一重まぶたのマスカラの塗り方です。

まず、ビューラーを使って下向きになりやすいまつ毛をしっかりカールして上げます。ビューラーで上まつげの根元をはさんだら、中央、毛先へとビューラーを移動させながらカールを作っていきます。まつ毛が折れてしまわないよう、力の入れすぎには注意が必要です。カールさせたまつ毛はマスカラ下地を使い状態をキープするとなおよいです。
ビューラーでは「上に向かない!」「すぐ下がる!」という場合は、まつ毛パーマという方法もあります。金額は3000円前後で2ヶ月程度はカールが持続するので、毎日のビューラーの手間を考えるとまつ毛パーマをかけた方が楽かもしれません。

次にマスカラですが、まぶたを軽く持ち上げ、まつ毛の根元から先端に向かってマスカラブラシを左右小刻みに動かしてしっかりつけていきます。下のまつ毛にもマスカラブラシの先端を使ってマスカラを塗ると、下にも広がって目が大きく見えます。
一重まぶたのまつ毛は下がりやすく、パンダ目にもなりやすいので、ウォータープルーフで繊維が軽め(少なめ)のものを選ぶとよいでしょう。一重用のマスカラ「ひとえマスカラ」(メーカー:セザンヌ)というのもあります。このマスカラはフィルムタイプで落ちにくく、軽量繊維を使用している上に、ブラシが細いので根本からしっかり塗りやすいという特徴があります。値段も定価714円(税込)と安いので一度試してみてはどうでしょうか。奥二重のまぶたにもおすすめです。


posted by pompom at 02:10 | 奥二重、一重のアイメイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。