手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法

奥二重のアイライン


奥二重のアイラインの引き方ですが、アイシャドウと同様に目尻を強調するようにします。

アイラインの効果が一番でるのはリキッドタイプのアイライナーです。慣れないうちは難しいと感じるかと思いますが、アイラインだけでも印象がぐっと変わるので練習してみましょう。また、奥二重の場合、アイライナーがにじんでしまったり、まぶたについてしまったりしやすいので、ウォータープルーフタイプのものがおすすめです。

まず、まつ毛の隙間を点で埋めるようにベースを書きます。ベースはペンシルタイプのアイライナーでも構いません。上まぶたを手で持ち上げ、アイライナーを左右に動かしながら隙間を全部埋めます。ベースを書くとその後のラインが入れやすくなります。

ベースの次は目の際ぎりぎりにラインを引いていきます。目頭から中心にかけては細めにし、目尻はやや太めにします。目尻から1/3の部分はまっすぐに引きますが、このとき目尻に向けて斜め上に少し長めに引くと切れ長の印象になります。逆に斜め下に引くとたれ目の印象になります。

下まぶたはアイラインは引きませんが、上まぶたとのバランスが悪いようであれば、目尻側1/3の部分にペンシルで軽く引きぼかすか、シャドウをいれます。

なお、アイライナーの色は黒が基本です。ブラウンを使うと自然な印象にはなりますが、せっかくのアイラインがややぼやけた感じになってしまいます。他の色を試すときは顔全体のバランスも考慮しましょう。



posted by pompom at 00:00 | 奥二重、一重のアイメイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。